童貞がデート中の居酒屋で店員と接するときの態度対応話し方

よくある光景ですが、店員に対する対応が良い男性はとても好印象です。以前付き合った事のある彼は、とても偉そうでした。ラーメン屋さんで注文した時には「味噌ラーメン」とだけしか言わないのです。

そして少しでも出てくるのが遅いと、何度も店員を呼んで遅い事を伝えていました。ひどかったのは、後から入ってきたお客さんのほうが先に出てきた時の事です。

突然彼はキレ出して怒鳴りまくったのです。私は恥ずかしくて穴があったら入りたい思いでした。

でも今付き合っている彼は違います。全く違うのです。注文する時も「味噌ラーメンお願いします」と丁寧に言います。出てきたら「いただきます」と言います。そしてお勘定の時には「ごちそうさまでした」と必ず言うのです。

そんな彼を見て、この人とだったら一緒にいたいと思いました。こんなにも丁寧に対応ができるなんて、素晴らしいと思ったのです。

でもこれは当たり前かもしれません。誰にだって公平で、分け隔てなくできる事なのです。自分が偉い、という考えはおかしいのです。

お店だから提供されて当たり前と思っているほうがおかしいのです。人に対して、快い対応をできる人は本当に魅力を感じる事ができるのです。気持ち良く思えるのです。

すぐイライラしたり、怒りだす人はとても心が狭い人だと思います。そんな男性を見て素敵ともう人はいないでしょう。そんな男性と付き合いたいと思う人もいないでしょう。

だから心の広い、温かい男性になってもらいたいのです。
短気な人はモテる事もないし、友人だってできないでしょう。まわりは離れていくからです。もっと心をおおらかに持って、広い心でいる事が大事なのです。

童貞の人はデート中の居酒屋レストランなどで、少し自信がないせいか、極端に内気で下手にでるような態度だったり、逆に去勢を張ってかなり強気な態度で店員さんに接してしまうことが多いように感じます。そうではなく、ナチュラルに、普通に丁寧にジェントルマンとしての対応をしてもらいたいですね。

童貞男性の態度が悪いと、女性まで悪い女のように周りから見られてしまいますので、注意してもらいたいものです。

偉ぶらないで、腰は低い人がいいです。そして当たり前の挨拶ができる人は見ていて、とても嬉しくなれます。挨拶や感謝の言葉を欠かさず言える人だったら、一緒にいても楽しい気分になれるのです。男性だったら、小さい事は気にしないでいてほしいのです。

20歳超えて成人してるのに童貞なのは恥ずかしい?ヤラハタヤラミソは辛い?

童貞は恥ずかしいことなのでしょうか?

僕は童貞を捨てたのが22歳のときなのですが、18歳~21歳までの間、本当に恥ずかしくて周りに言えなかったです。童貞を捨てたと友達に嘘をついたこともあったのですが、すぐにバレてしまい、「ハッタリ童貞野郎」という最悪のアダ名をつけられてしまいました。。死ぬほど恥ずかしかったww

早い人だと中学や高校で童貞を捨てる人がいます。とはいえ、高校生ならまだ許されるんですよね。なんだかんだ言って、クラスの中でも過半数はまだ童貞だと思うので。この時期は、キスしたとか、ちょっと胸を触ったとかいう、まだ童貞捨てられてないほぼ童貞だけど、女性経験が全くないわけではないという、微妙な意地の張り合いが見受けられるのが特徴的ですw

出合い系サイトは18歳未満利用禁止ですし、大人のお店にも行けない年齢ですから、高校生のうちは対して切迫感がありません。(高3の18歳でも利用禁止だと思います)

しかし大学生や社会人になり、20歳を過ぎても童貞だと、本格的に辛くなってきます。いわゆるヤラハタってやつです。

「オマエ魔法使いだろ?」
「まだヤラハタだよヤラミソじゃねえよ」
といった会話で友人から弄られることが増えます。ある意味、恥ずかしさを通り越えますw

最近は男子の草食化が進んでいるので、成人しても童貞の人が増えてるかもしれませんが、それでも童貞だということを周囲に告白するのがきつくなってくる年頃です。

この時期、初めての彼女を作って童貞喪失するのが王道パターン。男子も女子も、特に夏休みなんかは性に開放的になり、10代のころはモテないグループに属していたような男も童貞を捨て始めます。

顔は普通以下だとしても、それなりの積極的姿勢があれば童貞を捨てることができる年齢です。この時期に童貞を捨てれないとなると、原因は性格と環境。

やはり、女性からキモいと思われない性格や服装が必要ですね。イケメンになる必要は無いですしなれもしませんが、最低限の清潔感のある恰好や、社交的な性格が求められます。別にサークルの部長になるとかバイトリーダーになるとか、そういう必要はありません。

次に環境としては、理系の大学のように女性が極めて少ない環境にいると、モテ路線のイケメンくんでも彼女を作れないことが普通にありますね。そしてこういう環境では女性が今までの倍モテます。全然かわいくない女性でもモテてしまうのが、女性の少ない環境特有の現象ですね。自分の娘は理系に進学させると、おいしい思いをさせてあげられるかもしれませんね。

まあ、そのような理由で成人しても童貞のままの場合、というか私がそうだったのですが、最終的にたどり着くのが風俗店での玄人童貞脱出か、出合い系の利用ですね。私は出合い系で童貞食い女性に出会うことで童貞を捨てられました。

30歳を超えても童貞だと、精神的に悪影響が大きくなると聞いています。「どうせ自分はダメなやつなんだ」とか「女性なんてどうでもいい」とか「現世は諦めた」とか言い出すようになります。もうそうなると、童貞が恥ずかしいかどうかという域ではなく、無意識のうちに精神を蝕むようになってしまうのですね。

童貞が女性をデートにさりげなく誘う方法!コツは事前に彼女の趣味をリサーチ

童貞が女性をデートに誘うときは、さりげない感じが一番です。例えば、好きな映画の傾向が自分と似ているなら、「今度あの映画見にいかない?」、応援しているスポーツチームが同じなら「試合観に行こうよ」と提案してみるなど、会話をきっかけにして自然にデートにつなげましょう。

童貞にありがちなミスですが、相手がそれを好きかどうかもわからない時点で唐突に「俺○○ってバンドが好きなんだけど、一緒にライブ行かない?」などと誘うのは避けた方が無難です。まずは普通に会話ができるくらいの関係を築き、彼女の趣味をしっかりリサーチしてから誘いましょう。ある程度お互いのことを知っている状態の方が、デートは楽しめるものです。「職場ではあんな感じだけど、デート中はちょっと雰囲気が違うかも」と、普段とのギャップを感じさせることもできます。

初デートは、夜よりも昼間の方が相手の女性に安心感を与えるのでおすすめです。男女の関係になるのを急ぐのではなく、一回目のデートではまずはお互いのことをもっとよく知るように努めましょう。

デートが終わったら、「楽しかったよ、ありがとう」とフォローメッセージを送ると良いでしょう。「また遊ぼうね」と次を期待させる言葉も効果的です。
二回目のデートは、一回目のデートの記憶が冷めないうちにしましょう。一回目に十分打ち解けたと感じるなら、思い切って夜のデートをしてみるのも良いでしょう。ロマンチックな雰囲気のお店を予約しておくと気分が盛り上がります。

デートを断られてしまった時でも、「なんで行けないの?」と女性にしつこく食い下がるのはやめましょう。はっきり言って、そういう態度は嫌われます。相手だって本当は行きたかったのに行けなかった場合もあるでしょう。「そっか、残念。また今度行こうね」といったように、残念な気持ちを表しつつ、さらっと引き下がると好印象です。
以上のことに気をつけて、ぜひ楽しいデートをしてくださいね。デートがおつきあいに繋がるよう、頑張ってください。

ナンパ童貞でも実践しやすいのは、気の強そうな女性にむっとさせることを言うテクニック

中南米で生活された経験のある男性からの投稿。

ナンパ童貞は気の強そうな女性をターゲットに、むっとさせるようなことを言うギャップテクニックが使えますよ。

中南米でのナンパテクニック

日本ではナンパと言うとあまりいいイメージがないように思いますが、少なくとも私のいた中南米では結構普通に行われていましたし、それに関する本も普通に売られていました。私もその中のひとつを渡されて読んでみたのですが結構面白いことが書いてあったので、紹介します。ただし、その本は英語でアメリカかイギリスの本だったので、日本人にも有効かはわかりません。

まずナンパの一言目にむっとさせるようなことを言う

その本で推奨されていたのは、まず一言目にむっとさせるようなことを言う。ということでした。どういうことかと言うと、例えば初対面なのに「君は声が大きいね」と言ってしまうのです。そこで(なんなのこいつ)と思わせることが重要になります。そうやって自分のほうに相手の意識を持ってこさせるわけです。そうなったら、次はそれについてフォローするようなことを言ってあげます。例えば「さっきの声が大きい」というのは、「声がきれいでよく通る」って意味だよ。といった感じでしょうか。

ナンパ童貞でも実践しやすいギャップテク

こうすることで、相手は自分に意識を向けたままいい気分になって、ちょっと話も弾むのです。これが最初から「君は声がきれいだね」なんて言っていたらどうでしょうか? ちょっとわざとらしいような気がしますね。そうなると相手は「ああ、ナンパだな」と思って相手にしてくれないかもしれません。あくまで、最初の失言を、そういう意味じゃないんだよ。というノリでほめ言葉に変えてしまうことがテクニックです。

日本人の気の強そうな女性には最適なナンパテクニック

しかし、これも相手を選ぶかもしれませんね。例えばアメリカ人なら失礼なことを言われれば食って掛かるのかもしれませんが、日本人の女の子の場合はムッとしながら、そんなことを言った相手には話しかけないという対応をとるかもしれません。そうなってしまったらこの作戦は失敗ですね。相手が何も言っていないのに、いやいや君の声がきれいで。なんて言うわけにもいきませんから。というわけで、この方法はナンパしたい相手が気の強そうなこだったら、使ってみるといいかもしれません。