大人しい女性にはマイルドなアプローチが好印象

大人しめの女性はおしとやかで優しそうな印象を与えるので、男性の人気も高いでしょう。

今回は、そんな大人しめの女性と仲良くなる方法をご紹介したいと思います。

まず、大人しい女性は自ら人に声をかけるのが苦手な場合が多いので、あなたから頑張って声をかけるようにしましょう。

気になる女性が身近な人なら、まずはあいさつから始めましょう。

ある程度声を出してにこやかにあいさつすれば、「あの人感じいいな」と思ってもらえるはずです。

また、目があったらにっこり微笑んでみるのも効果的です。

大人しめの女性には、これくらいマイルドなアプローチが好印象です。

逆にグイグイいくと逃げられてしまうので、注意しましょう。

彼女たちはウサギのような小さな草食獣だと心得ましょう。

あいさつし合える仲になったら、思い切って話しかけてみましょう。

といっても急にプライベートなことを聞くのではなく、天候の話とか仕事の話とか共通の話題が無難です。

とにかくあいさつする以上のちょっとした会話ができる関係になれたら、次はいよいよプライベートなことに切り込んでみましょう。

「お休みの日は何をしていますか」「どのあたりに住んでいますか」など、答えやすいものがベターです。

そういった何気ない会話から、あなたと彼女の共通点を探っていきましょう。

一つでも共通点が見つかったら、こじつけでもいいので「僕もなんですよ!」と共通点をアピールしましょう。

そして、いよいよデートにお誘いしてみましょう。

デートの誘い文句は、彼女の好きなものに絡めると自然な印象になります。

例えば「クレープ好きって言ってましたよね。

美味しいクレープ屋さん見つけたので、一緒に行きませんか」といった感じです。

大切なのは、一度断られても諦めないことです。

時間をおいてまた誘ってみましょう。

大人しい女性はわりと一途な男性に弱いので、「この人こんなにも私のこと想ってくれているんだ」と感激してOKしてくれることもあるかもしれませんよ。

女性にアプローチする上で重要なのは相手の好きなことや趣味をリサーチ

大好きな異性を見つけた場合、皆さんは何かしらのアプローチを考えようと思いますが、
始めの内はなかなか勇気が出せず大好きな異性とアタックすることが難しいと思います。

しかし自分が大好きな異性にあったくしてもどうせダメ出しと思っていては
いつまで立ってもお目当ての異性を手に入れることはできません。

特に男性は女性のタイプとして積極的なアプローチがある人を恋愛の対象にします。

最近問題となっているストーカとかまでのレベルになると、また話は別ですが、ある程度の積極性をもってアプローチをしていくことが重要になります。

ただしかしだからといって物事には順序がありますので、積極性をもっていたとしてもダイレクトに好みの異性に直球的な気持ちを伝えてしまうのは問題です。

まずはお互いの距離感を縮めるためにも少しずつ、近づくようにしましょう。

まずは彼女、彼氏ではなくて友達からという声がありますが、

まったく接点がない場合は話し仲間として少しずつ接していき、次第に距離を縮めて、友達以上の関係を築くようにしましょう。

其の具体的な方法は鉄板パターンとして、同じ趣味や共通点を見つけることです。

人と人との話題が弾むのは、恋人関係にしろ友達関係にしろ共通する話題や趣味が一致した時です。

まずお目当ての異性を定めることができたら、その人の好きなことや趣味を徹底的にリサーチしてみましょう。

そしてその中でお目当ての相手の趣味や好きなジャンルを自分も一生懸命徹底的に勉強して話の話題についていくようにするのです。

話題についていけるぐらいネタを仕入れることができたら今度は話すキッカケを作ります。

さりげなくお目当ての女性に近づくようにしてもいいでしょう。

そして他愛もない会話で相手との距離をどんどん近づけていくのです。

「今日はいい天気ですね」とか「今日はお仕事終わるの早いんですね」
とかなんでもいいです。

入り口は他愛もない話題から入って、上手いタイミングで相手の趣味の話や好きなことに関する話を話題に持ち出して会話に織り交ぜるのです。

そこからは自分の技量次第ですが、好きな異性と距離を縮める上ではここが重要になります。

あとは流れに合わせて自分らしい会話で相手に不快感を与えない範囲で楽しく談笑すればいいでしょう。

相手とアプローチする上で重要なのは相手の好きなことや趣味をリサーチする。

これが重要です。

デートでカフェやレストランの席に座るときは、女性を奥の席に座らせて

デートがうまくいかないとおつきあいまで辿りつけませんから、デート中の振る舞いはとても大切ですよね。

ここでは、あなたのデートの印象が良くなるコツをご紹介しましょう。

まず、デートの待ち合わせには時間通りに行きましょう。

遅れてしまうのは絶対にNGです。

早めに待ち合わせ場所に着いてその辺りをぶらぶらしてみると、彼女と行けそうないい感じのお店などを見つけることもできるので、おすすめです。

デート中は、女性が道の内側にくるように歩くと「エスコートが上手だな」と思われます。

彼女が通り過ぎる人や自転車にぶつからないよう、配慮してあげましょう。

また、カフェやレストランの席に座るときは、女性を奥の席に座らせてあげましょう。

オーダーもあなたが取るようにすると「何でもやってくれて頼もしいな」と思われます。

デート中の会話については、好きなことや最近あったことなど他愛ない話題で大丈夫です。

社会問題や政治のことなど深刻な話題は、あまりデート向きではありません。

ちなみに私は初デートで日本の社会問題について熱く語ってしまい、相手に引かれてしまった経験があります笑。

あくまでも、ちょっと笑える軽いネタが理想です。

女性は男性と違い、特にオチのない話でも構わないのです。

お喋りは女性にとって絆を強め合う大切な意味があるので、疎かにしないようにしましょう。

相手の女性がお喋り好きなら、話を聞いてあげるだけでも好印象になりますよ。

デートを切り上げるタイミングは、「もうちょっとだけ話したいな」と思うくらいの時が理想です。

そうすると「また会いたいね」と次回のデートに繋げやすくなるのです。

逆に、帰りたいと思うまで一緒にいると次のデートが実現しにくくなりますのでご注意を。

夜遅い時は、できるだけ彼女の家の近くまで送ってあげると良いでしょう。

いかがでしたか。

常に相手を思いやるよう心がければ、きっと彼女にもあなたの気持ちは伝わるはずです。

ぜひ次回につながるデートができるよう、頑張ってくださいね。

婚活パーティーで時代遅れの服装・自慢話・子供っぽい男性はないと思う

出会いの場所として、婚活パーティがあります。

その場所に、この男性はないと思う時があります。

それは、そのような身なりや行動をしているからです。

そんな女性が嫌がる男性の内容について、まとめてみました。

・派手な服装、または時代遅れの服装

派手な服装というのは、こちらが恥ずかしくなります。

色やそのデザインが目立ち過ぎると、そこは嫌なのです。

その婚活パーティで目立ちたいから、そのような服装できているかもしれませんが、女性は一緒にいたくないと思ってしまいます。

またその反対に、時代遅れの服装も、目立ってしまいます。

スーツが何十年も前のデザインであったり、タンスにしまっていた、だいぶ前に購入したおしゃれな洋服をきていると想像させるのは、女性にとっては悲しい気分になってしまいます。

女性は、自分のことを棚に上げて、男性の服装については、目を光らせているものなのです。

そんな時、そのような服装であると、付き合いたいという気持ちが半減してしまいます。

その人のことをいくらいいと感じていても、センスが悪いと思うと、その先のことを想像することができないのです。

・色々な人に声をかけている

色々な人に声をかけているのは、いいことだと思う反面、誰でもいいのかと思ってしまいます。

そのため、自分のところにきた時には、そっけない態度となってしまう可能性があります。

・自慢話をする

自分のことを気にいられたいと思って、自慢話をする人は、いいと思うことができません。

自慢と思う内容については、心の中にしまって欲しいと思うからです。

ほかの人から聞いた時に、感動をすることがありますが、本人がいっているところを聞くと、がっかりです。

自慢をしたい気持ちはわかりますが、そのことを話すのは、引いてしまいます。

・子供っぽい

行動が子供っぽいと思うことがあります。

子供のような動作をしたり、アニメがとても好きだったりすると、ちょっと違うかなと思ってしまいます。

女性が自分の友人に紹介したくない彼氏の特徴(不潔・無愛想・無職)

女性が自分の友人に対して、こんな彼は紹介したくないと思う事があります。

その彼とはどんな男性でしょうか?
その男性について、まとめてみました。

・不潔な人

見るからに不潔と感じる人については、友人にあわせたくないと思ってしまいます。

自分はいいとしても、友人にしたら、その不潔であるというだけで、悪い評価をされてしまいそうと思うからです。

髪の毛がボサボサの人、洋服が汚れている人、顔に汚れがついている人、靴が汚い人等は、紹介することを躊躇してしまいます。

・よく喋る人

よく喋る人というのも、紹介する友人を選んでしまいます。

それは、男性で余りにも喋り過ぎると、嫌と思う人がいるからです。

そのため、よく喋るという男性は、いいと思う反面、友人からは評価が低い場合があります。

・無愛想な人

自分は一緒にいて、無愛想な事は理解をしていても、友人にはどのように思われてしまうのか、心配をするので、あわせる事を考えてしまいます。

・友人が嫌いなタイプである男性

付き合っている人が、自分はいいと思っていても、友人からすると、タイプでないという人も多いのです。

そんな時、後で非難をされるかもしれないと思うと、紹介をすることができません。

そんな時は、自分さえいいと思っているところがあるので、友人にあわせたくないと思っている気持ちがあります。

・無職の男性

無職である男性の場合は、友人がその男性について、どんな事を聞くのだろうと思うと、傷つけたくないと思って、紹介をすることを躊躇します。

友人がどんな会話をするのか、想像をすることができないので、そこは慎重になっているのです。

このように、付き合っている人が、自分が良いと思って付き合っているので、友人の事は関係ないと思っている女性が多いのです。

そのため、男性は、友人に紹介をしてくれないといって、ショックを受けることはありません。

自分たちさえ、満足して付き合っていれば、そんな事は関係ないと言えます。

まだお付き合いはしていないけれど、どんな人か気になるなぁという女性

まだお付き合いはしていないけれど、どんな人か気になるなぁという女性がいたとします。

男性の皆さま、どのようなことをしてこの女性に好感を持たれたいと思うでしょうか?
仮に食事に行くことになったとして、ポイントを見ていきましょう。

まずは待ち合わせです。

当然ですが、男性の皆さま、無断の遅刻は厳禁です。

仕事でもそうですが、無断遅刻は禁物。

デート等の女性のとの待ち合わせでも、仕事と同じように時間厳守です。

というのも、女性としては今後彼氏、もしくは更に進展して生涯のパートナーとなったとしましょう。

仕事にだらしないとか、生活習慣を規則正しくできない人とまで思われてしまうかもしれません。

無断でなければというところで、理由があれば遅れるのは致し方ないですが、30分を超えるような遅れは女性にとっては苦痛です。

次に食事のお店選び。

待ち合わせしてから、「じゃあどこ行く?」というのも有りは有りですが、女性の方がどうしてもここに行きたいという要望がなければ、男性からお勧めのお店に積極的に連れて行ってほしいところ。

できればあれこれ会ってから考えるのではなく、2、3店舗に絞っておき、会ってからその絞った中で選ぶか、あらかじめ予約しておいてしまうのも有りです。

次に食事中の気遣い。

ダイニングバーに行ったとします。

男性で言えば職場での接待飲み会では良く空いたグラスを見て、すぐに「何飲みます?」と上司に気を遣えますよね?
女性とのデートでも同じ。

気遣いがある男性はモテます。

たかだか次飲みたいものを聞くだけですが、女性からすれば、自分のことを細部まで気にかけてくれているんだなと思います。

肝心の会話についてですが、いきなりガツガツプライベートを聞き出すのは禁物。

最初はお互いの趣味等、共通する話題から入る方が、プライベートも聞き出しやすい環境になります。

例えば、女性の趣味が映画鑑賞なら、その映画はどんなジャンルなのかということから始まり、どこの映画館に行くか、と話題を発展させていきます。

そして今度は家では鑑賞したりするのか、という話題に広がりを持たせることができれば、次に休日の過ごし方、家での過ごし方等、プライベートに関する話題への突破口を開くことができるのです。

ところがこれを怠り、いきなり「休日はどんなことをしているのか?」と聞き出したとすると、やはり女性側からしても、「何を聞き出そうとしているのか」と構えてしまいます。

そうすれば、本当に女性と親しみある会話をすることができません。

女性とのデートは社会人としての常識、気遣い、そして話術が重要です。

もちろん、イケメンであればなお良いですが、女性からすれば、容姿よりもいかに自分のことを大事にしてくれるか、その一点を常に見ていると思ってください。

男性のみなさん、デートでの成功をお祈りしています。

彼はよく、可愛いや好きだよと毎日言ってくれる

彼はよく、可愛いや好きだよと毎日言ってくれるのですが、最初は照れ臭いのですが、
交際も1年半も経過していますが、そんな彼が愛おしくて可愛くて私も素直に彼に好きと言えています。

そして、彼はいつになるかも解らない話なのですが、
私の誕生日に来年になったら一緒になってくださいとプロポーズのメッセージを貰いました。

最初見た時は驚きましたが、何度も読んでいると幸せが溢れて来て幸せな気分にもなったし、
早くお互いの生活が安定して行く日々と逢えなくても夜の通話を大事にして行けたらいいのかなと思いました。

でも、プロポーズは一緒に過ごして居ても時々、結婚するだろうなと思っていると言っている事もあるのですが、
言葉とメッセージの違いと言うのか実際に言葉の力が大きいのか本当に嬉しくて心から感謝の気持ちで一杯でした。

そんな彼とは大きな喧嘩も無い状態での今でもあるのですが、交際開始は彼からのアプローチでした。

一目惚れと言われて私も心を許せる人だったので、そんな感情から交際が始まり交際当初から色々と彼の言葉が大きくなって行くのですが、
いつも色々と言ってくれるので愛情の強い人とは思うのですが、ずっと色々と言葉で伝えてくれる事が嬉しくて毎回彼の愛情に対する言葉で受け止めている私なのですが、素直に毎晩電話で色々と話しているのですが、
その通話の中でも有難い言葉を言ってくれるのですが、本当に想われているとの実感を思い、
助け合いをしつつ色々とやって行こうと言ってくれる彼でもあります。

でも、結婚は先ですが心は繋がっている事もあるので、逢えない日もあるのですが、
その分だけお互いの思いが繋がった毎日恒例の夜の通話でもあります。

逢えない日は、日々の事を聞いたり報告したりするのですが、現状お互いに就職活動中の立場ですが、
彼が前進した事もあり私が追いかけて行く番でもあるので、少しだけ離れてしまう事の寂しさもあるのですが、
私も彼の気持ちに応えるべく仕事を見つけてやって行こうと思っています。

彼の毎日の言葉のI LOVE YOUに負けない位の愛を私からも届けてみようと思います。

カフェで知り合った常連女性と共通の趣味があって朝まで飲んだ

年末に高校時代の友達たちと飲み会があり、少し飲み過ぎで具合いが悪くなった私は、普段は付き合う二次会にも参加せず、帰ることにしました。

ただ、少しコーヒーが飲みたい気分だったので、友達が経営しているカフェに寄ってみることにしました。

カフェに着くと、その友達から「あと5分で閉店だよ」と言われ、よくよく時計を見てみると23:55でした。

閉店の準備をしながらも、やさしい友達はコーヒーを一杯作ってくれました。

閉店準備の間、私は友達とくだらない話をしていたのですが、カウンターにはもう一人、女性客がまだ残っていました。

その女の人も常連さんらしく、自然と3人で会話をするようになっていたのですが、どうやら彼氏から、しばらく距離を取ろうと言われた直後だったらしく、その店で3時間もカクテルやコーヒーを飲んでいたようです。

話は、彼女の恋愛話を、私と友達が聞くという感じになり、「男は勝手な生き物だ」とか、「彼は本当は君のことが好きだと思うよ」などと、できるだけ彼女を励まそう必死だったのを覚えています。

それでも彼女はモヤモヤが抜けないようで、「今日はとことん付き合ってくださいよー」と私たちに言ってきたのです。

友達は、「じゃあこの後、3人で飲みに行く?」と話してきたのですが、私は飲み過ぎていたので、正直気が進みませんでした。

ただ、たまには新しい出会いもありかな?と思い、少しだけ付き合うということにしました。

友達は、店を閉めてから合流するということで、私はその女性と2人で先に別なお店に行くことになりました。

しばらく恋愛話の続きをしてたのですが、1時間経っても友達が来なかったので、電話をしてみると、「悪いけど、ちょっと行けなくなったから宜しく頼む」ということでした。

体調が良ければ平気なのですが、そろそろ帰りたいと思っていた私は少々困ってしまいました。

ただ、中途半端に帰ることもできず、結局朝型までその女性と飲むことになったのです。

私は彼女のことをちょっと可愛いなと思っていたので、下心も多少あり、またグイグイ飲み始めてしまいました。

話をしていくうちに、意外と共通の趣味があることも分かり、どんどん仲良くなりました。

今では彼女のことが少し気になる存在になってきています。

その後はまだ彼氏と別れていないようなのですが、「時々会いたいです」と言われるので、こちらとしても嬉しく、できれば深い関係になりたいというのが本音です。

あの日、飲み会の後すぐに帰らずに、カフェによって良かったなと思っています。

たまには、普段しない行動を取ってみるのも良いものだと感じました。

今は、また彼女に会う日がとても楽しみです。

どういうシチュエーションで理想の女性と出会うのか

どういうシチュエーションで理想の女性と出会うのかは意外に重要だと思います。

私はそういった出会いを探していてインターネットや実際のイベントなどを使って相手を見つけようとしました。

実際の感覚では女性は恋愛には積極的でそういう話題も多いと思います。

積極的なほうが恋愛はうまくいく

私は恋愛は偶然のようなものだと思うのであまり積極的に行くことはしないです。

しかし近年では積極的になっている人の方が恋愛では成功するように感じます。

身近にいる友人たちも自分から女性を口説いて恋愛を楽しんでいます。

恋愛目的のイベントではテクニックが効く

友人たちは女性を口説く時に幾つかのテクニックを使っているのでそこが面白いです。

私はそういう話を聞いて実践しようと思いますが相手を探すのが難しいと思います。

しかし今は恋愛目的のイベントが多くなっているのでそれを利用すればいいと感じます。

恋愛の難しい部分はそれが殆ど予想できない点です。

実際に恋愛を体験すると女性の感情の変化に戸惑うことが多くなります。

私もそういう相手に困ったことがあるので恋愛の難しい部分を体験しました。

やはり恋愛は失敗を繰り返して理想に接近するものだと思います。

婚活サイトでの恋愛もおすすめ

今はインターネットで出会いを体験することが多くて色々なサイトにも登録するのがお勧めです。

友人たちも婚活サイトなどを使っていて自分にはきっかけになりました。

一人で女性を探したくないなら友人たちを使うのも便利だと思います。

会話が面白い男性はモテる

女性は男性の様々な部分を気に入っているのでそれを知るのが大事だと感じます。

当然のように会話が面白いというのは恋愛では基本的な部分です。

女性は面白い話に引き込まれて恋愛に発展することも多いと思います。

やはり今は恋愛のパターンも変化しているのでそこに気付くのが大事です。

男性は常に女性を意識して生活しているように思います。

一方の女性の感情は複雑なので自分がイメージしたものと異なるかもしれないです。

だから女性を口説く練習をして相手の反応を分かるようになると有利です。

今の恋愛では状況に応じた変化ができると上手くいけると思います。

デート中に初めて手をつなぐとき、つないでいいと聞くべきか?

[女性からのご意見]

女性を口説くなら、昼間よりも夜、お酒なしよりもお酒あり、にぎやかよりも静かな状況が断然有利です。

とにかく、大人の雰囲気のあるデートが有利なのですね。

とはいえ、一回目のデートでそういったシチュエーションを作り出すと女性も警戒してしまうので、うまくいかないことが多いのです。
※はじめから体目的の出合い系サイト経由の場合は異なりますが

一回目のデートはお互いのことをよく知るためだと割り切り、邪な下心は持たないほうが賢明です。

カフェでお喋りとか公園へ行くとか、健全なデートコースがおすすめです。

二回目のデートで手つなぎ

では、本格的に口説くのは何回目のデートが正解なのでしょうか。

私としては、二回目のデートで手つなぎ、三回目のデートでハグやキス、それから四回目のデートでお泊りくらいが妥当なのかなと思います。

でも経験の少ない女性の場合、もうちょっと遅い方が安心感を与えるためにもいいかもしれません。

手をつなぐときは、何も言わずにつなぐと女性にびっくりされてしまうこともあるので、「手、つないでいいかな」と聞いてからつなぐことをおすすめします。

好意を持っている相手からそう言われたら、たいていの女子はOKすることと思います。

個人的には、「手つないでいい?」と聞いてくる男性はうぶな感じがして可愛いなと思います。
※童貞向きの方法と言えます

逆に何の前触れもなくつないでくる人は女慣れしてそうと思う反面、ワイルドで素敵!とも思います 笑。

もちろん好意がある場合前提なので、好かれているかどうか自信がない場合はガバッといかない方がいいと思います。

三回目のデートでは大胆に

三回目のデートでは、二回目よりも大胆になってもいいと思います。

三回もデートしているのですから、相手の女性もあなたに多少なりとも好意があるはずです。

夜景のきれいな場所やドライブデートなど、二人きりになれて静かなシチュエーションを作り出すように心がけましょう。

お酒を飲む場合はくれぐれも飲み過ぎないように、ほろ酔いくらいにとどめておきましょう。

少しだけお酒の力を借りれば、いつもより大胆になれるはずです。