童貞が女性をデートにさりげなく誘う方法!コツは事前に彼女の趣味をリサーチ

童貞が女性をデートに誘うときは、さりげない感じが一番です。例えば、好きな映画の傾向が自分と似ているなら、「今度あの映画見にいかない?」、応援しているスポーツチームが同じなら「試合観に行こうよ」と提案してみるなど、会話をきっかけにして自然にデートにつなげましょう。

童貞にありがちなミスですが、相手がそれを好きかどうかもわからない時点で唐突に「俺○○ってバンドが好きなんだけど、一緒にライブ行かない?」などと誘うのは避けた方が無難です。まずは普通に会話ができるくらいの関係を築き、彼女の趣味をしっかりリサーチしてから誘いましょう。ある程度お互いのことを知っている状態の方が、デートは楽しめるものです。「職場ではあんな感じだけど、デート中はちょっと雰囲気が違うかも」と、普段とのギャップを感じさせることもできます。

初デートは、夜よりも昼間の方が相手の女性に安心感を与えるのでおすすめです。男女の関係になるのを急ぐのではなく、一回目のデートではまずはお互いのことをもっとよく知るように努めましょう。

デートが終わったら、「楽しかったよ、ありがとう」とフォローメッセージを送ると良いでしょう。「また遊ぼうね」と次を期待させる言葉も効果的です。
二回目のデートは、一回目のデートの記憶が冷めないうちにしましょう。一回目に十分打ち解けたと感じるなら、思い切って夜のデートをしてみるのも良いでしょう。ロマンチックな雰囲気のお店を予約しておくと気分が盛り上がります。

デートを断られてしまった時でも、「なんで行けないの?」と女性にしつこく食い下がるのはやめましょう。はっきり言って、そういう態度は嫌われます。相手だって本当は行きたかったのに行けなかった場合もあるでしょう。「そっか、残念。また今度行こうね」といったように、残念な気持ちを表しつつ、さらっと引き下がると好印象です。
以上のことに気をつけて、ぜひ楽しいデートをしてくださいね。デートがおつきあいに繋がるよう、頑張ってください。