童貞がデート中の居酒屋で店員と接するときの態度対応話し方

よくある光景ですが、店員に対する対応が良い男性はとても好印象です。以前付き合った事のある彼は、とても偉そうでした。ラーメン屋さんで注文した時には「味噌ラーメン」とだけしか言わないのです。

そして少しでも出てくるのが遅いと、何度も店員を呼んで遅い事を伝えていました。ひどかったのは、後から入ってきたお客さんのほうが先に出てきた時の事です。

突然彼はキレ出して怒鳴りまくったのです。私は恥ずかしくて穴があったら入りたい思いでした。

でも今付き合っている彼は違います。全く違うのです。注文する時も「味噌ラーメンお願いします」と丁寧に言います。出てきたら「いただきます」と言います。そしてお勘定の時には「ごちそうさまでした」と必ず言うのです。

そんな彼を見て、この人とだったら一緒にいたいと思いました。こんなにも丁寧に対応ができるなんて、素晴らしいと思ったのです。

でもこれは当たり前かもしれません。誰にだって公平で、分け隔てなくできる事なのです。自分が偉い、という考えはおかしいのです。

お店だから提供されて当たり前と思っているほうがおかしいのです。人に対して、快い対応をできる人は本当に魅力を感じる事ができるのです。気持ち良く思えるのです。

すぐイライラしたり、怒りだす人はとても心が狭い人だと思います。そんな男性を見て素敵ともう人はいないでしょう。そんな男性と付き合いたいと思う人もいないでしょう。

だから心の広い、温かい男性になってもらいたいのです。
短気な人はモテる事もないし、友人だってできないでしょう。まわりは離れていくからです。もっと心をおおらかに持って、広い心でいる事が大事なのです。

童貞の人はデート中の居酒屋レストランなどで、少し自信がないせいか、極端に内気で下手にでるような態度だったり、逆に去勢を張ってかなり強気な態度で店員さんに接してしまうことが多いように感じます。そうではなく、ナチュラルに、普通に丁寧にジェントルマンとしての対応をしてもらいたいですね。

童貞男性の態度が悪いと、女性まで悪い女のように周りから見られてしまいますので、注意してもらいたいものです。

偉ぶらないで、腰は低い人がいいです。そして当たり前の挨拶ができる人は見ていて、とても嬉しくなれます。挨拶や感謝の言葉を欠かさず言える人だったら、一緒にいても楽しい気分になれるのです。男性だったら、小さい事は気にしないでいてほしいのです。