体調が悪そうな女性に大丈夫と声を優しくかける男はモテる

世の中には、多くの人間で溢れ返っています。
そして、そのほとんどの人は、恋愛や結婚をしているものですよね。

そう考えますと、恋愛や結婚とはとても簡単なことのように思えるかもしれません。
しかし、実際はそうでもないのが、現実の厳しさです・・。

正直あまりパッとしない男性が、20歳そこそこで幸せな結婚をしたかと思えが、
誰が見てもイケメンである男性が、40歳になっても独身で彼女無し!

こんなことは現実的にあるわけですから、世の中とはとても不思議なものです。

そこで、どうして恋愛や結婚ができる男性と、
全くできない男性の差がでてきてしまうのでしょうか。

それはズバリ、「女心」を理解しているかどうかだと思うのです。

まず、女性が一番嫌うタイプ、それはお金にケチな男性!
何かにつけて金!金!という男性は、
正直、男性同士の友達関係でも嫌なものではないでしょうか。

何でもかんでも太っ腹でなくではいけないとはいいません。
ただ、100円や200円を誰が払うかなんて場合には、
率先して自分が払うと言ってくれる男性は、女性にとってはとても魅力的なものです。

また、「女のくせに!」とか「女がやること!」と言った、
昔ながらの亭主関白的な考えを持った男性も、
今の時代の女性には、大変嫌われる原因になる恐れがあるでしょう・・・。

若い女性に、理想の旦那さん像を聞いてみると、
大抵の人は、「家事や育児を手伝ってくれる人!」と、
こう答える女性がとても多いような気がします。

一昔前は、家のことは女性がやるものと言われてきた時代でした。
そして、女性は男性より一歩後ろを歩き、
常に男性をたてることが、正しいと形とされてきたのです。

しかし、時代とは移りゆくもので、
今の時代に、合コンなどでこんなことを話したりしたら、
それこそ、女性からブーイングの嵐になること間違いなしだと思います。

今は女性も社会に進出する存在になったということです。

こうして、男女平等を象徴するかのようなお話しになりましたが、
どんなに強がっている女性でも、どんなに仕事のできる女性でも、
やはり男性に支えてもらいたいと思う気持ちは、頭のどこかにあるものです。

女性は色々な体調の変化で、気持ちが沈んだり、調子を崩したりすることも少なくありません。
これは、体の構造上、男性との大きな違いだと思います。

もし一緒にいる女性が、気分が乗らなかったり、体調が悪そうな時は、
どうか一言「大丈夫?」と、優しく声をかけてあげて下さい。

このたった一言で、気持ちが救われるのが女性というものですので・・・。
どんな時も、女性の話しに耳を傾けてくれて、
決して短気を起こさず、冷静に対応してくれる男性こそ、
容姿に関係なく、とても魅力的に感じるものなのです。

「美女と野獣」とは、そういうことなのではないでしょうか・・。