デブ専の理由!ぽちゃデブ女性の魅力は抱きしめられたときの心地良い暖かさ柔らかさ安心感

俺、デブ専。

その俺が語るデブ専の魅力

世の中の男で、デブの女が好き。

所謂デブ専だと公言する男はまあ少ないだろう。

俺は友達は多い方だが、その友達の中でもデブ専は俺唯一人。

だが、デブがちょっとでも好きな奴も中にはいるだろうと、冗談で「前彼女と海に行ったんだ、彼女の水着姿の写メ見る?」と聞くと、「えっ、彼女ってデブだろ?止めて勘弁してw」と笑ってかわされるのだ。

何故、皆デブに興味がないのだろうか?何故魅力に気付かない?そんなデブの魅力を知らない人のために、ここで力説していこうと思う。

まず俺の今までの彼女は、ほとんどが皆体重60キロ以上だ。

そんな俺は実は痩せ型で、体重は52~3キロしかない。

しかしそれでも、今までの彼女はガリな俺と並んで歩くことを恥ずかしがることもなく、躊躇わずに一緒にいてくれたのだ。

基本的にデブな女は心が広くおおらかな子が多いようだ、中には例外もいるが。

また、何が一番の魅力かって言うと、やっぱり抱きしめた(られた)時の豊満な肉体に包まれた時のあの何とも言えない心地良さ!温かさ、柔らかさ、幸福感、その全てを一度に感じられるのだ、何と贅沢なことか。

そして勿論夜の営みの方も凄く良い、一度あなたも経験してみるといい、きっと止められなく筈だ。

よく押しつぶされて死ぬ目にあったと聞くが、それはよほどのことないと起こらないことだ。

相手も自分も、己の体のことくらい理解できている訳だからそんなヘマは打たないものだ。

さらに、一緒にいると心の底から落ち着くのである。

よく、TV等で小さい子どもがテディベアを抱きかかえて安心しきった顔で眠っているシーンが映るが、そのテディベアの体つきと彼女らのふくよかさは重なるところがある。

彼女らは大人の俺に精神安定剤の作用を齎してくれているのではないだろうか。

最後になるが、デブな女は食に熱い。

そのため相当料理上手な女が多いのだ。

下手なファミレスなんかに行くより彼女の手料理が俺はいい。

これだけ書いたところで、まるで俺が尽くされてばかりと見られるかもしれないが、しっかり俺も返している。

満足させてくれる分、こちらも返さねばという気になれるのだ、これだからデブ専は止められない。